FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

行き過ぎた中国脅威論と日本終焉論

特に雑誌、テレビに良く目にするのは中国脅威論と日本自虐論が多すぎる、
過剰に中国に反応し過剰に日本の将来の悲観している、
マスコミの過度の報道はこの日本をどんな方向に導こうとしているのでしょうか、
軸の見えない社会として不安ばかりを報道している、最近特に思えるのです、
確かに、今は大変の状況にありますね、有るべき日本の将来の姿を想像してみましょう、
国際社会がどんな風になっていくのでしょう、人口が増えていく、資源も限られてくる、
又戦争が起きるのでしょうか、北朝鮮は今どんな状況なのでしょうか、
とりあえず30年先を創造してみよう、今の子供達が日本を守る事が出来るのでしょうか、
もっと夢と希望を作り出したいものです、今年の初め、辺見じゅん作”収容所からの遺書”の中で主人公の山本氏が遺書を家族に書くのですが、子供達に残した遺書がとても印象的でした、日本はすばらしい道義国家、
この日本というすばらしい国を道義でもって大事にしてほしいと願っておられました、
日本のすばらしさをもっと子供達に教えていかなければ、大人はよい手本を示さなければ、、、、
今年も終わろうとしています、

| 未分類 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://rebirthnagamune.blog37.fc2.com/tb.php/178-38960e37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT