2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

体調を崩した従姉妹を見舞う

今年85歳になる従姉妹がいます、彼女は2歳で小児麻痺を患い子供時代に一緒に育ちました、その彼女は施設に入って40年になります、施設では一番の古い住人で、とてもよくしてもらっていました。
高齢で内臓もくたびれて来ているようです、土曜日に見舞って来ました、まだ耳は良く聞き取れるようで反応してくれます、あまり食事ができないとのことでしたが、ヨーグルトを美味しく 食べていました。
彼女は一生懸命生きています、生きるのに意味などありません、彼女を観て思います、
生きられる事に感謝をしながら寿命を全うしようとしています、お迎えはお天道様に任せている。
彼女の眼差しは遠に察している表情でした、あれこれと私などが気を使う必要のない不思議な眼差しでした。

| 未分類 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足立専務就任祝賀会

今年で還暦を迎える足立君がリバースの専務取締役として就任された、思えば足立専務には気苦労のかけどうしでした。
足立専務は、性格は誠に正反対、何時も意見が対立し、平行線な所が多かったのですが、これからは将来と後進のために力を尽くそう、そんな想いおなじです。
奥さんも同席して頂き、共に喜んで頂きました、これを契機に私もまた変わらなければと思っている所です。
いずれにしても、我々は人生の第4コーナに差し掛かって来ています、悔いのない時間を共有しなければなりません。

| 未分類 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高い屋根に登った

26日の台風が接近していた夕方電話があり、境港の高い倉庫の屋根が壊れかけているので見てほしいとの電話で、至急現地にいきました。
強い風に煽られ鉄板が揺らいでいました、翌日の朝、職人を連れて現地に行き、現状を話しながら屋根の上に上がるべく一緒に現地に同行しました、するとお客さんも上がるとのこと、何せ30メーターくらいの高さですので、私も尻込みをしていたのですが長いタラップを下を見ないで、年甲斐もなく登りました。
屋根の上は360度大パノラマでした、仕事とはいえ高い所も行かなければなりません。
朝の一仕事は気持ちの良い物でした。

| 未分類 | 05:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会社の健康診断

会社の健康診断を昨年から専門の健康診断施設で行っている、今回初めて胃がん検診にて胃のレントゲンをいろんな角度で取る、これは始めての体験でした、バリウムを飲んで体をいろんな角度に向かされ、うつ伏せの逆さ釣り状態ではゲップの嵐、中々大変でした。又その後は便秘症な私としては下剤薬を2回分頂きそ、の日になんとかクリアーすることができました。
なんと言っっても肥満はかんがえなくてはいけません、しかし、朝食を抜いただけで1、5kgは痩せていました。
食事と運動をより積極的に計画していきます。

| 未分類 | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

科学に立脚し、宗教に出入する倫理運動

今日は新しく赴任された那須方面長のお話でした。
毎週の朝の6、00にモーニングセミナーが開催されます、毎回万人幸福の栞という本をつかっています、
この本の事を一言で言うと「実行すると、ただちに、間違いないことが証明できる生活の筋道が書いてあります」
毎日決まった時間に実践を行って行くと自然に色々と物事が好転していきます、
物を大切に、あと始末を徹底しすると会社が発展していきます。
とにかく少しでも実行、実践がだいじなのです。
家の玄関を大事にしなければいけません、家の中に髪が宿る、日本にはそんなに言い伝えがあります、玄関は神聖な入り口、皆さん、綺麗にしましょう❗️

| 未分類 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が社での昼食事情

今日は昼食テーブルに6人掛けで共に昼食です。
自作弁当と給食弁当が半々で食事談義をしながら賑やかな昼食となりました。
もちろん社長は自作(奥さん作)弁当です、有難くオリジナル弁当を頂いています、
会社の中で憩いの場が少しでも広がれば、嬉しい処です。

| 未分類 | 04:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしい友人来訪

久しぶりに昔に仕事で大変お世話になりましたお客さんが取引先の社長さんと訪問されました。
私自身、その人とは、仕事を越えたお付き合いをさせていただいた思いでした。
仕事でたくさんの人と出会いますが、友人としてお付き合いをする人はそんなに多くはいませんね、
しかし、もっとそんなに関係が増えて行ったならより楽しいことでしょう。

| 未分類 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友人の福井社長の大臣表彰祝賀会に参加して

18日は長年の友人のである福井社長が建設業界、地域貢献などが評価され、若くして大臣表彰という栄養を得られました。
沢山の関係者がお祝いに駆けつけ盛大な祝賀会となりました、又最愛の双子の娘さんも参加をされ、家族で夫としては最高の家族へのプレゼントでした、親しい友人の晴れ姿は眩しくもあり、誇らしくもあるものです。

| 未分類 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軽量型鉄骨(QEBシステム)米子で建て方

発注して1週間で加工完成、17日に建て方開始、何とか順調に開始となりました。
このQEBシステムは軽量型で大きさは限られますが、メッキの商品で値段もお手頃で、断熱効果も高く、誠に評価の高いシステム建築です。一層これからの日本全国に販売を開始していきます。明後日から屋根、外壁サッシと1週間で完成させていきます、又写真を掲載します。

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終戦記念日に護国神社に参拝

毎年護国神社に参拝している、尊敬してやまない今岡氏の毎年祭文を読み上げられます、
戦火に倒れられた英霊に特に戦後70周年という節目に素晴らしい祭文でありました。
1文を紹介すると、安部内閣は「戦後レジームから脱却」「日本を取り戻す」と公約して国民の圧倒的支持を得、長期政権を期待され、秘密つ保護法、集団的自衛権、安保体制法案など実現しつつあるが、敗戦利権に巣くふう人達は、今だ北方領土、竹島侵略、尖閣問題、北朝鮮拉致など重大な国家主権侵害、人権侵害にも関わらず、平和で豊などと嘯き、世界各地でのテロ飢餓に泣く諸国民に配慮せず反戦平和を唱える偏向迷妄の護憲亡者ともの勢力侮り難し、
大和調和の精神を受け継ぎて顕界幽界共に相携えて全ての世界人類から慕われ尊敬される知足謙譲の道義国家建設に、卿等のご遺志を引継ぎ熱誠込めて勇往邁進することを誓い奉る。
当時の言葉にて護国の英霊の人々に日本の行く末を護り願う素晴らしい文でありました。

| 未分類 | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安部首相談話に思う

約30分、戦後70年の日本を総括する総理大臣の公式な談話を発表されました、色々と国際社会の思惑に配慮しながらの話(主に中国、韓国、米国のみ)でした、かなり謝罪を意識をした内容でした、日本人としてはかなり不満な内容ではなかったではないでしょうか、反省と謝罪の文言がかなり多かったように思われました。
やはり敗戦国としての配慮が入りすぎている、日本人としてはどう感じたのかがより大事なのではないか、韓国と中国とアメリカに意識をしすぎている、有識者の意見が満遍なく網羅されている、確かに安部総理としては不満足な想いはあったのでしょう、そんな思いを感じながら「若い世代に謝罪を繰り返す愚行を引き継いではならない」
この言葉は精一杯な言霊 だったように感じました。
政治という摩訶不思議なドラマを我々日本人として注視していきたいですね❗️


| 未分類 | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦後70年改めて戦争を考える

明日15日は終戦を迎えます、最近は鳥取の護国神社に行き、終戦日を戦争を体験された人と共に共有する時間としています。改めて戦争について考えて見たく思いました。
日本の戦争は特に二面性を考えながら捉えなくてはなりません。
70年前の社会は世界が帝国主義の最中、強いものが正義な社会であった。
日本の戦争では被害者(加害者とは米国、ロシア、英国、中国など)の日本と、加害者(中国、韓国、北朝鮮、フィリピン、インドネシア、台湾)としての日本があり、より戦争を複雑にしています。
終戦とは特にアメリカとの戦争を指しています、沢山の国民、兵士が犠牲となりました、思うに戦争に暴走した日本と白人市場主義(英国、米国)の無慈悲な原爆使用など忘れてならないところです。
歴史の真実はいろんな視点で変わるものです、しかし戦争では亡くなった人は間違いなく日本の将来の行く末を案じていました、現在の日本は世界に羨望される国家となりました、その礎は先の戦争の犠牲の上にある処でです。
先ずは、今生かされている事に感謝し、先祖に感謝、日本国に感謝、そして天皇陛下に感謝です。❗️







| 未分類 | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お盆前の会社の掃除

久しぶりに全員揃い社内の清掃を行いました。
土や砂利などの移動に、男でがいる部分に久しぶりにスコップを手にし、
心地よい汗をかきました、日頃気になっている処が解消でき気持ちの良いものですね。
最近、社員の靴を揃える事を通してきちっとしている形は、やはり見ていて気持ちの良いもの、
お盆を迎えお墓参りをし、気を取り直して後半に臨みたい処です。

| 未分類 | 03:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビアーガーデンで全員集合

繰り延ばしにしていた夏恒例のビアーガーデンで社員全員集合にて一杯やりました。
7時ごろには少し涼しくなりとても気持ちの良いタイムとなりました ❗️
どうもタバコ組にはビアガーデンは有難いようですね、
我が社にもタバコ組は3名おりますが社内では禁煙です、だんだんと吸いにくい社会となりました、
私も10年前に辞めて吸っていませんが、何となく喫煙派は辛いことでしょう。

| 未分類 | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米子ガイな祭りの花火

9日はガイな祭りの2日目、ミャンマー人のウイン君夫婦を連れて花火を観戦に行きました。
なんとか10数年ぶりの花火観戦です、又5;30から米子ガイな太鼓演奏が始まっていました、
夕方食事をして、7時ごろに会場に行きました、会場の通路は寿司詰め状態の人だかりでした。
20時から花火です、太鼓を聞きながらの花火は久しぶりに格別なものでした、ウイン君夫婦もとても感動していました。
我が家族も久しぶりに喜んでくれまさした。
皆喜んでくれて私もとても満足ですね。

| 未分類 | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

創業以来お世話になった労務士さんの突然の悲報

日頃何かとお世話になった労務士さんが急逝された、ちょうど我が社の件で前日まで色々と体調の悪さをかばいながら、
仕事をしていただいていた、そしてちょうど5日の日に亡くなられた、あまりに急な出来事で、又色々と仕事をお願いしている差中の出来事でした、65歳という早すぎる年齢でした。

| 未分類 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月5日は我輩の誕生日でした

8月5日は我輩の誕生日、Facebookにてたくさんのおめでとうメールを頂戴しました、
この年でもまた有難いものですね、会社の看板も新しく新設され、道行く人にt楽しんでもらえればと、作りました。
夕方漁火会のメンバーと久しぶりにビアガーデンで飲みました、このメンバーは心置き無く飲めるのが嬉しい、
あっという間の1日でした。

| 未分類 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

孫のゆきちゃん無事手術終了

ゆきちゃんの手術のために 、 3日の朝娘夫婦が我が家に寄りました。
孫のゆきちゃんは、1ケ前から手術の準備をしていましが、その日の夜に無事手術が終了しました。
まだ結果はわかりませんが、結構な大手術でした、ゆきちゃんはまだ一歳にもなりません、
まだ小さい命、何とか元気になってほしいと、祈らずにはいられません。

| 未分類 | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信成万事「信ずれば成り、憂えれば崩れる」

とても好きな言葉です、自信のないことは失敗する、練習するということは仕事なり競技なりに慣れて間違いのないようにするのが、実は信念をつけるのだ、きっとできるぞ、きっとやるぞ、と動かぬ信念がその事を成就させるのだ。

1、声とは「超える」が語源と言われる、
今の自分を超えるのに必要なのが声であり、そして今の自分を超えた時に出るのが声である。

2、待つことの意義
最善を尽くして、あとはさっぱりと時の流れに委ねる事で、性急な気持ちで急き立てる処はある種わがままの一種、
待つことは耐えることでもある。
「機を待ち、勢を侍して、動にてんずる」ーーそれが成功の秘訣
8月1日の朝のお話でした。
ためになりました❗️

| 未分類 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リバースの新しい看板に期待

いよいよ念願の看板が出来上がります。
長い時間がかかりましたが、本日にできる予定でした、少し問題が起き、長引きそうです、少し残念でした。
看板といえば新しい看板のサンプルが届きます、もうひとつの看板もまた大きな商材として活かせる商品となります。

| 未分類 | 04:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |