2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高校生全国クイズ選手権て凄い

今日は眠気を我慢しながら、初めて高校生全国クイズ選手権を観ていました、
リラックスしていたせいか、ほぼ全問わかりませんでした。
しかし、あの難しい問題を解く若者に感心してしまいました。
若さ溢れる才能は、全国に沢山の若者がいるのだと知ることができ、安心もしたのでした。
我が会社にも若い人材が必要なのですね、可能性と伸びしろというものは自分の想像で判断してはいけないのだなー、あまりにこのクイズが分からなかった事もかなりショックでした。
クイズの中で100mの世界新記録を打ち立てた選手、吉岡隆徳選手の話が出てきました、10.3秒だそうですが、昔にそんな日本人がいたなんて驚きです、いつか私も高校生全国クイズ選手権の問題に出れるよう何か記録を作ろうかなんて、思っています。
しかし、久しぶりに面白いTVでした。

| 未分類 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ”朝鮮国世宗大王”

随分と前から韓国ドラマにはまっているのですが、今はハングル文字を作った世宗大王のドラマを見ています、
ドラマ仕立ては結構単調なのですが、中々その単調さも面白いものです。しかし、文字を作る事が韓国の認識では、
文化的事業という以上に天(中国)を恐れぬ大事業だったのですね、日本はいち早く太陽暦にした、しかし韓国、中国は太陰暦のままですが、文字もまた韓国人にとって自国の文字を作る事は畏れ多い事だったようです。
日本との違いは長い歴史の中で、日本独自で海外文化を融合していった、島国とその地形が大きく影響があるものなのです、今の韓国、中国、ロシアの領土問題はそれほど単純なものではありませんね、
太古の昔から日本列島は彼らかすると、海をふさがれた、とても目障りな存在の国なのでしょう。
確かに、以前は日本の存在が大きくて、言いたい事が言えなかった、
しかし、現在の日本は国力そのものが停滞、
気概の無い国となった事を見抜かれた結果であることを理解しなければいけません。
隣国の民族の思惑の違いをよく認識をし、現実的対応を望みます。

| 未分類 | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太陽光発電が面白い

今、高価買取太陽光発電、結構お金のだぶつきの投資先として、人気が出てきています。
当社も投資と施工のビジネスとして、大変有望なビジネスと見ていますが、長期的には疑問もあります、
電力の需要と投資益がバランスが悪そうですが、短期的には取り組んでみる価値は大いにありそうです。
しかし、原発が休止の状態で、日本中が電力不足に陥っていないというのは、ちょっと不思議な事ですね、
しかも、原発の危険性は日本の安全性を脅かす、敵に攻撃の的となる、そんな懸念を国民は持ち始めています、
国体を変えていく良いきっかけが出来れば、日本の大いなる前進となるでしょう。いずれにしても防衛機能をより強固なものにしなければいけませんね。
国の安全の認識があまりにも少なかったことは、我々にも大きな責任を感じますね。
ライフラインは国益産業、長期的な視点で考えてほしいものです、太陽光はエネルギーの一つの光明となる事を祈りたいものです。

| 未分類 | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岡山、玉野にて

大切なお客さん訪問、岡山の玉野に行きました、道を間違えて40分くらいロスとなりました。
宇野港を望む賑やかな所でした、そこで初めて教えてもったのは、以前は四国の玄関口で電車も乗り込んだ大型フェリーで四国に修学旅行に行かれた思い出を語っておられました、不覚にも私はそのフェリーに乗った事が無いようです。
今はフェリーも、規模が小さく、以前よりは格段の寂れようだそうです。
岡山までは2時間ちょっとです、しかし、鳥取から比べたら格段の町並みですね、
お客さんを大切にしながら地域の壁を越えたいものです。

| 未分類 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お迎えを考える

最近ではほとんどの人は病院で亡くなっていますが、病院では中々往生できないようです。
先の週刊誌に、患者さんはお迎えが来るという認識が薄れていると書いてありました。
お迎えを信じていないと不安で堪りませんねまりませんね、
家族の看取りを経験しながら、死の恐れという者は段々と薄れていくのでしょうか、
又、三途の川は本当にあるような化学データーもあり、まだ観ぬ黄泉の国もまた興味を頂くものです、
昨日、高倉健主演の鉄道員を観ました、愚直な生き方もまた人に感動を与える、
しかし、自信の満足感があっての事、死が悲しい事ではない、そんな気分を与えられたすばらしい映画でした。
倉吉の実家には88歳になる母がいますが、沢山の先祖もいますね、
何時も先祖に守られている、お墓参りとは、自分と先祖との交信の場、より大切にしたいものです。

| 未分類 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

楽は苦の種、苦は楽の種

土曜日の夕方、娘と孫と一緒んに車で倉吉の実家に行きました。
途中、小学校1年生の嬉来ちゃんと、ことわざカード遊びをしながら、
お祖父さんはとてもショックを受けました、分からないことわざを孫は良く知っており、
おじいさんは恥ずかしくて溜まりません。
結構、難しいことわざを覚えており、その意味もまた理解が出来ていました。
これが今後の子供の教育にとって、道徳教育には大変有効なのでしょうか、
遊びながらことわざを覚え、その意味を理解できているのです、
小さい頃からそんな遊びを通して、昔の日本人が作ってきたことわざを学び、
日本人の心を取り戻せるかも、なんて感じた時間でした。

| 未分類 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京から友人訪問

ちょっとした偶然の縁から親しくなり、仕事にも色んな形で良い相談相手の友人が、始めて米子に訪問してくれました。彼との縁は8年くらい前に、当時、東京の展示会で、ある新聞記事で中国の展示会ツアーに参加をしました、その時に知り合った人でした、東京人で、中国の事に大変詳しく、丁度中国の建材関係に興味を持っていた時でしたので、彼を通じて今は商品を輸入しています。それにしても又、彼の紹介で新たな人との出会いもあり、人間の縁という者は不思議なものですね。
今回、じっくりとお酒を飲みながら、色んな話が出来た事は、
私にとっても、もちろん彼にとっても有意義な時間となりました。
現在彼はベトナムで商売の起点を作っているようです。
又多少はそんな所も縁が出来れば良い事ですね。
今宵は東南アジア談義に花が咲きました。

| 未分類 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国の非常識と日本の怒り

今回の竹島問題に端を発して暴走した韓国の大統領の暴言は明らかに、日本を挑発をして自国民の支持率を上げる事が目的だったのだろうか、大統領の兄は今、汚職で投獄中、前回の大統領は横領疑惑で自殺を遂げているのだ、
彼もまた退任間近で、個人的に言えば私的な目的のために日本を怒らせ、自分たちの罪をぼやかそうとしているのではないか、務めて冷静な大統領の発言とは到底考えられない気持ちです。
自国内も国の事情があり、互いの国の立場があります、私達国民は共に言葉のみにとらわれず、内なる真実を想像してみましょう。
しかし、暴言に関しては素直に怒るべきですね、後先を考えず怒る、怒る、怒る。
仕返しはとても冷静にやらなくてはいけません、日本国民もそろそろと目をさまさなくてはね。 

| 未分類 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

窓のないホテルの話

窓のないホテルが鳥取にありました、10年前は私も良く利用させてもらっていました、
しかし食事や管内の雰囲気が大変良く、大変良い印象を持っていました、
昨日はそこの社長さんとお会いする事が出来ました。
やはり社長のお話はとても素敵なものでした、窓が無い部屋が多く、昔はデパートでそれを改装されたものでした、そんなハンディーを克服するサービスを何時も心がけておられた、窓のないホテル「だけど」社員の皆さんと真剣に取り組んでこられた、結局それがその後の会社発展に寄与しているのだなと感じました、現在では10年で5店舗を増やされるまでになっておられる、確りとした企業理念を確立されておられました。
社長さんは2代目です、20年間も海外経験があり、素人経営者のようですが、とても励まされました。
自社の強みを的確に把握をし、それに向かって邁進し、社員を信じて社業に取り組まなければと改めて思いました、森下社長に感謝です。

| 未分類 | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天皇陛下のお話

この間、常軌を外れた発言が韓国の大統領から発言された、天皇陛下に対する侮辱発言である、
ある意味、日本に反撃のチャンスをくれた、又日本政府は反撃をしなければいけない状態となりました。
世界は固唾を呑んで観ています、ここまで言われた日本がどう動くのか、特に、中国、ロシア、アメリカ、他アジア地域などは、今後のアジア情勢に多大な影響を感じます。
戦後、世界が驚嘆した事実に、天皇陛下の存在の大きさについて語られていましたので紹介します。

ドイツのある政治家が是非とも日本という国に行ってみたいと言った、日本には2つの奇跡を魅せられた、
1.一回の天皇の終戦放送で日本の全ての国民が負けを認め、恭順の形を一瞬のうちにとっていきました。
2.終戦後直ぐに、天皇陛下は、国民に向かって激励とお見舞いをする為に全国に廻られた、そこでは、
  日本国民は、不満や恨みを言わず国旗を振って温かく迎えた。 
戦争の中心的責任者である天皇陛下であるが、世界は日本民族と天皇との成熟した関係に感動したと言うものでした。逆にアメリカが天皇陛下に戦争責任を追求していたら、日本は恭順どころか徹底抗戦化していたことでしょう。
そんな一糸乱れない精神文化は日本の特徴なのですね。
私の韓国の友人から電話がありました、”韓国の大統領が大変失礼な事を言って申し訳ない、特に天皇陛下への言葉は持っても他”と言っていました。
”腹水本に帰らず”とはこの事を言うのでしょうか。

| 未分類 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母、米寿のお祝い

16日は母喜代子の米寿のお祝いをしました。
長男の娘、靖代が朝、東京から帰ってきました、これで全員(21名)そろい11時バスで関金温泉に出発です。
孫達の協力で準備をしてもらい12時に開始です、母には後で会場に入場してもらい、皆で拍手をして迎えました。次男の乾杯で宴会開始です、今回は母に特別素敵な洋服をプレゼント、これが特に良く似合い、本人も満足してくれました、そしてビンゴゲーム、カラオケと孫、ひ孫、大人の演歌と結構盛り上がりました、最後にはお礼の花束と、廣君の素敵な帽子のプレゼント、ひ孫の素敵な書や似顔絵などサプライズがあり、母もとても喜んでくれました、
又色紙も良く出来たと褒めてくれました。
今回、母は”祝ってもらうと死んでしまう”と危惧していたようですが、皆の祝う気持ちを感じてくれて、とても元気になってくれました、次は100歳の祝いをしようと約束です。
我々にとっても、とっても幸せな一日でした。

| 未分類 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15日の終戦記念日

久しぶりの靖国神社への参拝でした。
今回は15日の終戦記念日は大変驚きました、と言いますのは参拝者の数が凄く多かった、正門から人がびっしりと並んで参拝、老若男女を交え、靖国神社への日本人の思いの大きさは増している、日本人としての心は取り戻しつつあるように感じました。
11時には本殿にて参拝をし、12時に参拝者全員で黙祷、天皇陛下のお言葉を聴き、日本人として、気持ちを新たに出来た思いでした。
特に日本人は戦争の事を良く知り、今我々があるのは、こうした先人のお陰で日本があるのだと認識をしなければなりません。
何故に韓国、中国は15日に向けて問題を起こすのか、日本という国を恐れ、日本の愛国心をそぐ為に戦後ずっとやっているのです、その元を作ったのはアメリカですね、今回、あの韓国の大統領によって暴言が発せられました、日本を本格的に見下した結果ですね、国力で言えば断然日本が大きいのですが、日本が怒り、闘うような国ではないと全く馬鹿にされたのですね、これを無視すれば第2の中国、第3のロシアが見ています、今こそ日本人国家として行動を起こさなければいけないと感じています。
民主党とか自民党とかを超えて、真に日本を本格的に守る党が生まれる事を切に願ってやみません。

| 未分類 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15日靖国神社へ参拝、慰霊祭に参加

15日は終戦記念日、戦争で亡くなった方々の慰霊祭に参加してまいります。
4,5年ぶりに参拝してきます。
以前に私の恩師でもある韓国の朴さんから言われた事がありました、日本は戦争で闘って亡くなられた人を祭る事が少なくなっている、そんな国は将来が心配だと日本を憂慮されていました、彼は元日本兵で10年くらい前にお亡くなりになったのですが、最近は特に、そんな事を思い出します。
又、以前読んで感動した本に辺見じゅん作”収容所からの手紙”があります、その中で主人公の山本少尉はソ連の収容所で亡くなるのですが、彼が友人達に頼んで遺書を口頭で伝えるシーンがあります、その中で息子達への遺書は大変すばらしいものでした、それは将来の日本へのメッセージのように感じました、是非一読を進めます。
しかし、戦争で無くなった人を悲しませる事は避けたいですよね、がんばろう日本!

| 未分類 | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドンオリンピック、勇気と感動をありがとう

長い人生でこれほどオリンピックを観戦したのは、多分東京オリンピック以来でしょうか、
個人の活躍はもちろん感動するのですが、日本人と海外との特質は、団体戦には特に強みを発揮する、
そんな風に感じたのは、私だけではないと思いますね。水泳のリレー”手ぶらでは帰せない”のコメントは象徴的でした。
又澤選手の”最高の舞台で最高な仲間と最高な相手と戦って最高な試合をしたい”と言いながらそれを見事に実行したなでしこジャパンは最高でした。他にも、沢山の勇気と感動をいただきました。
言えば限がありませんが、選手もまた国民が育てるものでしょうか、大いに関心を持ち、賞賛をし、誇れる環境は子供達が挑戦する心を育むものですね、大いに日本の将来にスポーツは良い影響を与えていく事でしょう。

| 未分類 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休み前、久しぶりの広島訪問

久しぶりの広島訪問でした、お休み前の時期にお客さんを訪問でき、多少安堵しました。
中々訪問がとどこうると、よけいな心配をかけてしまいます、定期的に訪問を続けなければ、それこそ忘れられますね、しかし、昨夜のテレビの影響でしょうか、眠たくてしょうがありませんでした。
又10日の今日は仕事納めで、倉庫も良く片付け、後半に向けて準備が整った感じでしょうか、
後半はとにかく精一杯やるだけですね、
9日は尊敬する中西本部長のお話と元気な姿を拝見し、
良いタイミングでお会いできた事は有難い事でした。
なでしこ同様に大きな元気と勇気をいただきました。
感謝!

| 未分類 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月9日、今日は我が息子草介君の命日

18年前に生まれて3週間あまりでなくなった息子の命日でした。
早いものでもう18年もたちますが、当時2卵生の双子の子供が生まれました、もう一人は女の子、
妻に即され、朝早く墓参りでした、時間の経つのは真に早いものです、お墓に行くのも久しぶり、
タラは無いのだけれど、もし今生きていればどんなにか楽しい事か、
まあ想像してみるのも良いものでしょうかね、子供の成長は、楽しみと不安が同居しています、将来、本当に独り立ち出来るのか、老後はどんな暮らしをしているのか、この日本は大丈夫かと、最後はどうしても国の安泰もまた不安を感じてしまいますね、
生きているうちに、子供や孫たちが安心して暮らせる国にしなくてはと思ってしまいます。

| 未分類 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原爆の碑”安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませんから”

何時も原爆の日には考えさせられます、何故、誰があの原爆の石碑を考えたのだろうか、当時の広島市長が原爆の石碑を思いつかれ、その案を広島大学の英文学教授の雑賀忠義氏にゆだねます。この碑文はいつも物議があるのは、別の意図があるのでしょうか、そんな思いを抱くのは私だけではありませんね、この碑は昭和27年8月6日に建てられました、その年は日本が独立した年でした、又23年の12月昭和天皇の誕生日に東京裁判で、東條英樹首相以下7名が絞首刑となった年でした、アメリカの日本の占領政策の柱である、日本弱体化政策の一環の流れでした、そんな中でのこの碑文ができたのです、今でもアメリカは原爆の正当性を述べて慰霊祭にも参加をしません、
広島と長崎の原爆の種類は違います、恨みを言っているのではないのですが、あの碑文には釈然としないものを感じます、そんな不穏な碑の下で眠っている犠牲者は本当に安らかなのでしょうか。
戦後の呪縛は色んな所に存在します、日本人が真の日本人と成らん事を祈らずにいられません。

| 未分類 | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頼るな、戻るな、恐れるな

最近は会社にいる事が多いいのですが、積極的に出歩かなくてはと思っているところです、
人と出会う回数が減っている事が、自分が変化に対する感度が鈍るかも、もっとフロンチアスピリットを働かせ、動かなくては、この言葉はスポーツ用品会社ヨネックス、米山社長の言葉でした、”変わらないのは悪い事なのだ。企業も人も、「昔いは凄かった」でおわってしまうか、「今もすごいが将来はもっとすごくなる」変化への働きかけを今日できるかにかかっている。”
中小零細会社が挑戦を失っては、淘汰の波に飲み込まれてしまいます。変化に挑戦してこそ存続の意味があるものですね、もっと外に出歩く決意を固めました。

| 未分類 | 05:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体操内村選手金獲得おめでとう

28年ぶりの体操個人総合金獲得、悲願の日本のエース、内村選手が優勝しました。私も元体操経験者としても、
とても嬉しい限りです。私達の時代は日本は体操王国でしたが、以来ずうと低迷が続き、記憶に残る選手が出てきていませんでした、学校での体操の活動は年々低下し、体操人口が減ってきたように感じてました、最近は指導の結果とスター性のある選手が出来ましたね、若い人の後に続く流れがこれで大きなり、日本の体操王国の復活になればうれしいです、スポーツを通して誇れる日本を感じさせてくれる、そんな種目が増える事は素敵ですね、まあなんといっても今は、女子サッカーでしょうか。女子アーチェリーも良かったですね、銅メダル、予選の予想では12国中、11位くらいらしいのですが、期待を裏切ってのメダルは注目が集まります。
北島選手のメダルは残念ですが、インタビューでは、彼の顔は晴れやかな、いい表情でした。
しかし、オリンピックを今回ほど見たことはありませんが、ワクワクして大変楽しい気分です。
がんばれ日本!

| 未分類 | 04:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クールビズタイで涼しい

先週から首にクールビズタイを購入し、身に着けていますが、これが大変重宝しています、
水に15分程度したし、タイに水を含ませ着用すると、その水分が首の周りの熱を取ってくれ、
頭の熱も下がり気分がよくなりました。
これは私の夏の必需品となりました。色は私にとってのラッキーカラーのピンクです、友人知人には是非とも紹介していきたいと思っています。
それにしても特別に熱い夏となりました、これを乗り切っていかなければなりません、いよいよ仕事も本番を向かえていきます、”勝負を降りない会社は勝負を降りた会社を丸ごともらって益々強くなる”この言葉は
諦めない気持ちに大変勇気を与えてくれました。
気持ちと体力を保つ事は経営者としては大事ですね。

| 未分類 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |