FC2ブログ

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10日従兄弟のサッチャンとの面談でした

私には83歳くらいの従兄弟がいますが、10日は面談の日でした、彼女は2歳から小児麻痺をわずらい、
我が家で共に育った中ですが、以来施設に行ってから彼是35年がたちます、
昨年から身元引受人となり、施設から色々と連絡をもらっていますが、
施設の人達の温かい対応にとても感謝してます、今後の食事、健康チェックなどなど生活面でのケアー状況を聞く事が出来ました。
春には倉吉での再会を約束しました。
又今回は、兄の大作兄さんも同行しました、兄はサッチャンに会うのは多分30年くらいぶりでしょうか、とても感慨深い様子でした、月日は流れ、サッチャンを知っている親族はだんだん少なくなります、
施設の人にも、サッチャンの過去の事を聞いてもらいました、彼女は耳や頭は悪くないのですが、
言葉がしゃべれません、コミュニケーションが難しいのです、自分が言いたい事が満足に言えない人生は、これほど辛いことは無いですね、しかし彼女は心優しい人達といる事ができて今、とても幸せそうです、
今回初めて長男の死の事を伝えました、涙を流して悲しんでいました、
自分(サッチャン)を知ってくれていた親族の死は辛いものです、出来る限りの交流を約束をし、施設を出ました。
改めて施設の皆さんには感動させられました。

| 未分類 | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |