FC2ブログ

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日曜日放映のドラマ「仁」は面白い

日曜日には何時も観ている「仁」現代の医者が江戸末期の時代にタイムスリップし、様々な問題に直面し、
ともにそこに生かされた意味、人の命を救う事、運命は変えられるか、時代を動かしている、
正に、私たちの現代の生き方の大いなるヒントが、たくさん隠されている、
昨日のドラマで”人の命は長さで図るのですか”、
人はいつかは死ぬのです、その人の生きる意味は寿命の長さにあるのではないですね、
又親子のシーン、台詞が少ない場面で父親が子供に伝える行為には言葉ではなく心息(親子の情愛)、
が強く感じられました
色々と考えさせられるドラマです、だからこそ人気があるのでしょうか、
私もまた現在進行形で生きているのですが、未だに生かされている使命を模索中です、
死ぬまで結論は出ないのでしょうが”、

今日の言葉 特攻の母、鳥浜とめの言葉より
”何故生き残ったのか考えなさい、何かあなたにしなければ成らない事があって生かされたのだから”

| 未分類 | 04:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |