2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

明けてびっくり政権交代

31日、一夜明け、こんなに大勝したのかびっくりしたのは私だけでしょうか?
たぶん自民党が一番驚いたのかな、
やはり国民は政権を民主に一回やらしてみるべきと思った事ですね、
これは自民党も大いに反省すべき事、いまや国民はそんなに馬鹿ではない、
がしかし本当はマスコミの戦略にはまったのでしょうか、
いずれにしてもこれからは真剣に政治向きを確認する必要が大ですね、
しかし、マニフェストに関して言えばすべて良いと言うわけではないので、
今後は議論を重ね、慎重に政策を図ってほしいと思います。

| 未分類 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は衆議院選挙

8月30日全国的に衆議院選挙の投票日です、昨日は某新聞社から突然取材の申し込みがありました、選挙、政党、について、なにを政治に望むのか、将来の日本はどうあるべきなのか、日頃思っている事を話しました、今回の選挙は期間が長く多少だれ気味の感もありましたが、今回ほど国民が、政治について思っている事を、形に出そうとしているのではないかと思います。
しかし、今回は初めてマニフェストを具体的に掲げ、それを争点にしている形ですね、何かバラマキ型、
生活重視もの提案が多く、日本の将来の基本姿勢、世界の中の日本の方向性、特に外交、防衛、教育について多くの議論がありませんでしたのがとても残念です、
世界の新聞の論調は日本の国という存在が薄らいでいる、政治家不在、基本的な理念みたいなものを日本に感じなくなっている、とても危険な時期に来ているように思えてなりません、
ゆで蛙の話がありますが、この特殊な世界(環境)に長年ならされ、
気がつくと既に独立国としての気概、資質を持てなくなるのではないか、
隣国を考える時、大戦以来本質的に変わったのは日本だけで、
他の国の政治体制、体質は全く変わっていないことを知るべきですね、
世界から見ると、アラブ地域についで、北東アジア地域はとても危険な地域の一つと思われている、
それは、中国、ロシア、北朝鮮、アメリカと、とても個性の強い国の中で、
唯一日本は個性が薄い、頼りない国として見られているのが原因でしょうか、
何はともあれ今の日本を満足している国民は少ないでしょう、今日は、我々の思いを形にする記念すべき日なのです。

| 未分類 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は鉢巻が好き

私は会社で残業する時は何時も鉢巻をしています、もちろん家にいる時も鉢巻をしています、
お陰で、手ぬぐいは我が家では、たくさん用意してあります、
会社での鉢巻は長く使っていると色は黄ばみ、加齢臭とあいまって、
社員にとっては迷惑かもしれません、
しかし鉢巻をしていると頭がすっきり冴えるというか、
今では習慣のようになっています、
昔の時代の韓国ドラマを見ていると、
男性は常に鉢巻のようなものを巻いていますが、なんとなく親近感を覚えたりしています、
今ではよく出張に出かける時は手ぬぐいを買って帰るようにしています、色々な柄も楽しめますね、
それと、やはり、社長として、気合をかける事がとても多くなっているのでしょうか、それはとても大事な事、私の気合は先ず鉢巻からですね、

| 未分類 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15期後半戦のスタート

盆も終わり、15期後半のスタートをきりました、皆元気で仕事に復帰してくれました、
前半はとても低調な滑り出しでした、
当初の計画を再確認をし、どんどん手を打っていかなければなりません、
しかし、選挙もあと少しです、世間も落ち着きを取り戻し、
経済も活発になってほしい限りです、
今年は15年の節目の年、新しい時代を見据えた商品作りをどんどん加速をしていきます、
後半の時間をより充実としたものに、社員共々に掴めたらありがたい思いです。

昨日の伊藤会長が良い事を言っていました、アメリカの家庭の話、”請求書”
子供は母に請求書を書きました、お風呂のお掃除50セント、お買い物50セント、
犬の散歩50セント、机のかたずけ50セント、合計2ドルです、
母も子供に請求書を書きました、お食事代0セント、洗濯代0セント、掃除代0セント合計0セントです、
子供は泣きながらそのお金を母に返したのでした、
何かほほえましい情景です、心の潤いある話は、
ビジネスの中にこそ必要なように思うこのごろです。

| 未分類 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

16日に倉吉の大蓮寺に墓参り

16日実家の帰りに倉吉の大蓮寺に寄りました、
目的は牧田善右衛門(淀屋清兵衛)の墓参りをする為です、
淀屋は織田信長の時代に登場し、豊臣秀吉に土木工事の才覚で土台を築き、
徳川の時代に米相場を作り、莫大な富を築く、そして淀屋5代目の時に、
幕府によって取り潰されます、そしてその縁者の牧田善右衛門はそれを逃れ倉吉で再興し
江戸末期8代目の清兵衛が長州、薩摩を支援し、
最後は朝廷に店をたたんでその資金を寄進するのです、
そして明治には牧田家は滅んでいきます、
以来この家は他人の手に渡り、細々と生きてきました、
しかし、時代は平成にその名が復活して行きます、倉吉の町興しの大きな目玉として、大阪からもたくさんの観光客が訪れます、
私も経営者の端くれですが、経営の格言に”お金を残すは小、会社を残すは中、人を残すは大、名を残すは特大”
最後は勝手に私が付けました、約400年間にこれほどの活躍をした一族はありません、
又商人として、淀屋という存在は大阪商人の中に生き続けています、
私の座右の名は”士魂商才”です、武士の心と商いを行う才を持つこと、
何か真なるところは相通じる心境です、
この物語は、真似のできることではありませんが、
こんな人達が倉吉、鳥取県にいたと言う事は、大いなる誇りとして伝えなければと思いました。

image_20090821131428.jpg

| 未分類 | 05:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦争映画「火乗るの墓」を観て

火乗るの墓は3回以上見ているのですが、何時も胸が切なくなる思いです、
戦争の犠牲者は何時も女、子供、ですね、それにしても主人公の節子は何も恨むでもなく、
暖かった家庭を思っていましたし、思いやりにあふれた育ちの良い娘さんでしたね、
兄も妹のために尽していきます、
戦後に変わって行った事に家族愛と言うか兄弟愛が気薄になっています、
戦争に負け、日本人が誇る家族愛、と集団団結力が失われ、
個人主義と利己主義が横行しとても見苦しい有り様です、
終戦を迎え私達国民が本当に大事にしていかなければならない事は家族と国家だと思っています
15日は終戦記念日、戦没者を弔い、日本の将来を考える日とします。

| 未分類 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらゆるものは往き、あらゆるものは還る

12日阿南ロータリーに友好交流のために、米子東ロータリー 会員家族20で徳島に行きました、その日美波町にある海亀博物館に行きました、60年前中学生達の研究と地元の皆さんの尽力により、世界でも意義の深い施設となっていると聞きました、
海亀は種類としては7種類くらいで、主にアカウミガメが産卵に来るようです、
しかし年々少なくなっているようです、
今年は30匹位でしょうか、又卵5000の内還ってくるのは1、2匹です、
又一年で卵を産むのは一匹で500個位生むそうです、
水温も上昇し生態系も少しづつ変化していますね、
しかし亀の寿命は120歳くらいでとても長寿です、
又人間よりはるかに長く生きながらえている、恐竜時代くらいと言われていますね、
この亀たちの持続性と言うか、子孫を残す試練はとてもリスクが大きいのですが、
ただ黙々と、延々と行われていてとても感動的でした、
人間界にたとえれば、人間としての普遍性、命をつなぐ尊さが今大変薄れている気がします
、これから先祖を迎える時、十分に先祖を供養し今を感謝しなければと思っています、
今回の旅は阿波踊りにも参加でき有意義な旅でした。

| 未分類 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幼学鋼要20の徳目

尾沢会長主催の志功熟に久々にいきました、
今日は会長の父が亡くなる一年前の読まれた教育勅語の本を見つけられ、それを今回の題材とされました、
明治時代につくられた、和魂洋才の教育方針として、次世代の子供たちの教育方針書みたいなものですが、この本は大変解りやすく書かれていました、
その第一義が1、孝行2、忠節3、和順4、友愛5、信義とずっと20項目まで続くのですが、
日本人として如何に生きるべきかを示した本です、
その一番目に掲げてあるのが親孝行、先祖を大切にする事、
それは自分の元であるのは親であるからです、
それから国家、家族、兄弟、友人と続きます、家族の関係がすべての出発の元と成っていた、
その考え方は当時ヨーロッパ諸国からも日本の教育方針を見習ったほどです、
戦後そんな世界に誇る教育方針の荒廃は皆憂うべき状態ですね、
何とか教育を再興できるのは政治の力でしょう、

| 未分類 | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長男の命日

8月9日は長男草介の命日です、双子でしたので今年で15歳になります、
明日早く、墓参りです、亡くしたことは、とても残念ですが、しかし、今自分があるのもこの子が無くなったからなのです、
以来会社を興す事もそれが引き金となってました、
そんな訳で長男の分まで生きる、少しだけ濃い人生を歩んでいるようです、
今でも顔は思い出せます、妻はたぶん良くわからないだろうと思います、
しかし、毎年少しの間でもこの世に生を受けたので、あの世で我家族を見守っている事でしょう、
人生は片道切符と言われます、死に向かって一直線です、
ですから明日(未来)があると悠長なことは言っておられません、
今を精一杯生きる事、ああすればよかったとか後悔を少なく生きなければ、
そして明るく、出来れば感謝しながらですかね、
これからは、家族、社員、のために気を配らなくては、
最近徳を積む意味を最近しりました、人のために、人が喜ぶ事はすべて我家族の徳積みに、なるのでありますね、利己から利他の精神をもっと働かせて精進をしたい心境です。

| 未分類 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分流を通す

時々、自分の中で惑わされる事があるようです、
それは不安、恐れ、憂いからかもしれません、
足元が揺らいだり、しているのでしょうか、
最近手帳の活用が、疎かになっているようですが、
準備と後始末もまた、気を付けねばと思っています、
8月は後半のスタートの月です、じっくりと反省と計画を練り、
目標を再確認をして、何としても目標の達成を図っていきます、
自分流は、自分の流れの中に身をおいている状況、
時々、気がつくと、何処かに流されていたりする事があります、
やはりそんな時、倫理17か条は頼りになります、
”信ずれば成り、憂えれば崩れるです”

| 未分類 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原爆記念日によせて

8月6日原爆記念日が来ました、色々な報道をされ永遠に原爆の悲惨さを訴え人類に再び大きな不幸を招かない教訓とする日ですね、
この日、アインシュタインの事を思い出しました、彼はノーベル賞受賞の次の年来日をし、
日本国民から大変な歓迎を受け、彼自身も日本人とふれ合いすばらしい日本人感を持ってくれました、うわべだけでなく、すべて物事に物静かで、控えめで、知的で芸術好きで、思いやりがあり非常に感じの良い人達だといっています。
そして、彼はこのようなすばらしい国を世界で唯一創造されたことを神に感謝するとも言っています。それは欧米の個人主義で行き過ぎた競争と享楽をよしとする社会を彼は望んでいませんでした、
日本は当時家族主義、集団主義の社会でした。
彼はユダヤ人です、ドイツが当時原爆を開発し、それを戦争に使う事を阻止する為、アメリカに開発の手助けをします、
しかし皮肉な事に彼の大好きな日本に投下されました、彼もまた犠牲者の一人ですね、とても無念であったと思います。
当時ドイツでは原爆開発はとてもお粗末で完成の見込みは少なかった事が後わかりました 、
歴史にタラ、レバは無いのですが、もしアインシュタインが手を貸さなかったらこの悲劇は無かったのでしょう、しかし原爆の悲惨さはとても長引く事にあります、人間が二度と起こしてはならない事ですね。

| 未分類 | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月5日55歳誕生日でした

8月5日55歳の誕生日でした、
夕方漁火会の仲間と飲みました、片岡さんとは生年月日が一緒ですが、年は60歳で還暦を迎えられました、お互い節目の年です、
色々と悔いのない人生を過ごしたいものです。
今日は早く帰宅10;30頃テレビを観てたら、矢沢永吉のライブをみました、
彼は今年60歳とのこと、若者とのインタビューの時間が取ってありました、
若者の問いに対する彼のアドバイスで心に残る言葉がありました、

”近い事、近い人生をおくっているとその近さが敵になる”
”人は一瞬ハッピーなら又走れる”
”つらい時は何時も思う、つらいのは俺だけじゃない” 

矢沢永吉はすばらしい人、又アーチスト、ロックシンガーですね、心(ハート)を大事にしてますね、
 
ハッピーバースデー信泰 Take it easy My life.

 

| 未分類 | 00:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石川遼が優勝した

日曜日のゴルフ最終日石川遼選手の後半のデッドヒートは胸に詰まるものがありました、
今回は3日間リードを守り優勝する事は、
緊張感と集中力が無ければとても達成できるものではありません。
私も少しはゴルフをするのですが、
彼のゴルフの姿勢、ゴルフの攻めるスタイルはま、ことに共感するとこです。
彼が中学校の時、担任の先生がある本の話で”幸福を呼ぶ3つの言葉”の話をされたそうです、
それは、”ついています”、”ありがとう”、”感謝します”、と、この言葉を発していると不思議とよい結果になっていると、石川遼くんも率先して使っているようです、
仕事でも、自己責任と感謝が大事ですね、
悪い事は自分の至らなさ、よい事はいろんな人のお陰という心境が、成功をもたらす秘訣のようです、
それにしても、17歳の少年が実に付いている境地は、ただならぬものです。

| 未分類 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2番目の兄が帰省しました

3日に2番目の兄が東京に帰りました。
久しぶりに兄弟5人が揃いました、盆の変わりとのことでした、
名前は大作と言います、年は60歳丑年で今だ独身、
今も友人達と野球をして楽しんでいると言う事でした。
久しく昔話に花が咲きました、特に子供の頃、5人兄弟のガキ大将の武勇伝を語っていましたが、
語りつくせぬ話で、いまさらにお袋に迷惑を掛けていたのだと思いました、その母も85歳です。
兄も帰り際一緒に家の窓掃除をしていました、
兄なりの親孝行のつもりでしょう。
いつも母、兄弟の事を案じている優しい兄です。




















| 未分類 | 06:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取県倫理法人会めざせ555社達成決起大会によせて

7月31日に鳥取県倫理法人会めざせ555社決起大会がありました、
私は12年前からこの倫理法人会に関わってます。
本年度は555社の会員の増強を目指してきましたが、なかなか勧誘が出来てなく、仕切り直しです。
よくそんなに勧誘してといわれることがありますが、
この倫理を薦めることは一つの倫理運動と、人の出会いの場でもあります。
そして目標を定め会員同士でその目標を達成することもまた、仕事に通じる所がありのです。
とにかく、忙しさとか出来ない言い訳をしないように、
自分流の拡大をやっていくことを心に誓っているところです。
又今期で担当が替わられる和田方面長には少ない時間でしたが、お世話になりました、近畿方面での活躍を期待しています。

| 未分類 | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |