≫ EDIT

横浜で飲みニケーション

10年も経つのだろうか、知り合っていながら中々一歩を踏み出せていなかったように思っていた、それは両者に言えるのかもしれません、今回初めて飲みました、飲んでみて心がほぐれ、大いに互いに前進した思いでした。
仕事の前に心を通わせる、一層に前進していく、もっと早くとの思いが募りましたが、しかしそれが今だと思うことにしました。

| 未分類 | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱い銀行マン

若い銀行マンと話をした時、何時も仕事のここ持ちなど話す機会があるのですが、
私は、だんだんと気持ちが入り熱く語っていました、なぜかというと、やはり聞き手の人の反応が自然とそうんな気にさせられたのでしょうか、熱く話を聞いてくれている彼のそんな熱が、こちらにも伝わるのです。
仕事のやり甲斐、生き甲斐が地域、日本、世界につながっているか、働く志などを話す事があります。
人に話すというより自分に語りかけている事が多いいのですが、幾つになっても秘めたる熱さを保ちたいものです。

| 未分類 | 07:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事の軌跡と奇跡

平素の仕事は忙しく流れている、流れてその時の思い、感動、悔しさなども虚しく流れていく、
立ち止まれないのは経営者として宿命なのです。
流れながら考え、行動し、反省し、計画を立て、又行動する、その渦を少しずつ大きくしていく、過去も、今も今後も
10年後の大目標100億円達成に向けて❗️
そしてそれはやがて軌跡を起こす❗️

| 未分類 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南京を訪問して

6月18日2泊3日でしたが上海経由で初めて南京を訪問しました。
勿論仕事ではありましたが、上海から車で4時間くらいでしたが結構距離がありました、最初は新幹線に乗る予定でしたので期待したのですが、それは帰りに実現しました。
日曜日にも関わらず社長以下役員の人達が迎えてくれました、早速商品の話をし、今後のリバースの大きな仕事の柱となってくれそうでした。
会談後、夕食を10名くらいで頂き、楽しい時間となりました。因みに社長さんは私と同年代でした。
翌日は半日時間が取れ、孫文さんのお墓に行って来ました、中々南京市は歴史溢れる街でとてもきれいな所です、人口は800万人位で、三国志の孫権の墓もありました。
私の中国の歴史探訪の思いが強くなったようです。

| 未分類 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに稲田社長にお会いしました

15日大阪に出かけ、ファミリー稲田社長に会いました。
久しぶりにお会いする事が出来ました、とてもお元気な様子で、「健康産業の社長だからね」明るく話されました。
米子新市長の事や、地域の事など色んな話ができ、私にとっても、とても有り難い時間となりました。

| 未分類 | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

菌が面白い

今日は酵母工場を見学しました。
近年日本のノーベル賞者は菌ノーベル賞発見者です、薬の素は全て色んな菌から生まれています。
世界でも日本には菌の多さでは世界でもトップクラスです、昔から菌を利用したお酒、味噌など沢山生活にあります、
菌の効能は放射能分解やまだ解明されない部分の領域はこれからですね、
我々でも何か生まれそうな予感があります。

| 未分類 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国で住宅を契約

10日にチャンオン市の企業と住宅の契約を結びました。
約3ヶ月の工程ですが今後の展開に弾みがつきそうです。
特に海外での人との出会いの不思議さを改めて感じています、時間的には短いのですが人柄とその人の想いなど
通じる所があれば信頼が生まれ、大いに前進できるものです、しかしこちらも受け入れる気持ちがないとうまくいきません、今後の彼の地の先駆者として意義ある苦労をしていきます。

| 未分類 | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長寿の秘訣

長寿秘訣を書かれていた文章を見ました、
色々と納得できるところがありましたので、抜粋します。
1、生きる意欲を持つ
2、年とともに仕事の範囲を狭める
3、夜のとこの上で尿瓶を使う
4、小魚、海藻類を食べる
5、私は「100歳」まで生きると大声で言う
6、心配はしても心痛はしない
7、物事はその場で処理
8、物事は正直に良心に照らして遺憾の無いように
9、決して物にとらわれるな
10、思いついたことは遠慮しないで喋る
以上粗食で平常心、平穏心を保つことが健康寿命の鍵との事でした。

| 未分類 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本のリーダーが危うい

新聞、マスコミなどで感じるのですが日本のリーダーは骨が細いと言うか、大きな信念が足りない、胆力が小さいのだろうか、色んな問題に直面しているときの対応がうまく見えないのだ、
あの人は気骨のある人だと言う人をあまり見かけない、仕事をしていてもそんな人は少なくなったのかな、
それは仕事を通じても納得する仕事を大事にしている、自分に厳しくて他人にも厳しい人、
大事なことは小賢しい小さな大人が多いいのだ、そんなリーダーが実に多いように思っている、
私もまた、大きなことばかりでなく、小さな事を大事にしていきたいと思っている。

| 未分類 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

| 未分類 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社員の日報の確認

出張が長引き、社員の日報を読みました。各現場の進捗状況や新しい見積りなどの情報を知りました。
広域的現場が多くなるにつれコミニケーションをより大事にしなければなりません、
色んな思いがすれ違いにならないように気をつけなければなりません、色んな局面を想定しながら、社員と向き合う時間を増やさなければと思っています。
又来週も又出張が続きそうですが健康には十分気をつけたい所です。

| 未分類 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「その時どう動く」相田みつお

人生はその時どう動くの連続だ、仕事でも決断する事が実に多いいのだ。
今の自分の決断と行動は時として相反していることがある、しかし時が経つとその行動が意味をなしている、
何事も意味のない行動をとってはいない、自分の中では意味のあるものなのだが、関連性を考えると行動が矛盾もあるのだ。
特に私にとってこの一年は人生最大の年と心得ている、それはこれからの人生の岐路になるからだ。
私たちが恐れなければならないのは「〜だろう」昨日も無事すぎた、今日も無事終わった、だから明日も平穏美人だろうをあてにしてなんとなく行きている、「大丈夫だろう」にあぐらをかいてはいけない、人生いつそのまさかの時が来るかわからないのだ。


| 未分類 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忙しながらも充実

五月は何かと出張が多くなっている。
ミャンマー訪問、韓国釜山、中国と海外にも訪問した、もちろん東京なども出ることが多いいのでした。
年初からの思いを切れないように行動を重ねて来ている、多少な無理の忙しさは決して負担にならない、
適度な忙しは大きな充実感を感じている、そんな思いを5月に持てたことは久し振りなのだ、
6月にこれから入り、一層行動に磨きをかけ結果を伴う月にして行きたい。
早朝の朝、東京のホテルで5月を回想していました。

| 未分類 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

駅前方面たい焼き喫茶

昨日駅の近くでたい焼き喫茶を見つけました、なんか味わいのある風に思え、立ち寄りました。
それでたい焼きとコーヒーを頂、とてもおいしくいただきました。どうもそのお店は中年淑女のたまり場のうようでした、
同年代の淑女のお話は中々面白い話をされていました。
ほとんどが連れ合いの話と老後の暗そうな話です、でもそうしてここで憂さを晴らしておられるのです。
男なら一杯呑んで話すところですが、淑女の方々は昭和の匂いがするお店でなにやら楽しそうでした。

| 未分類 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「住医学の話」目からウロコ

夕方ある医療の先生からの電話をいただいた。
あるイベントの広告にリバースが参加をさしていただいた事からのご縁でした。
病気の原因は生活習慣病で起こるようですがそれには5つの項目があるようで、1、金属2、電磁波3、科学物質、4、ストレス、5、潜在感染だそうである、その原因を除去すれば人間本来の免疫力がアップし健康的な環境となります、
その原因の重要なポイントが住宅なのです、我々は何も深く考えずにいろんな住宅資材を使っていますが、健康と病気と住宅はとても大事な事と改めて認識を深めました。

| 未分類 | 04:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT